ひとこと失礼します

ひとことふたことみこと

2022/10/06

あまりワクワクしない、ということを昨日の日記に書いたが、これは「コトに向かえていない」ということかなとぼんやり思った。

舞台は用意されているが、集中しきれていないのか。

そもそもここ2年ぐらいは何かひとつのことに集中し続けることなんてできていないけども。

 

もしくは単に疲れているだけかもしれない。

疲れていると(特に寝不足だと)、思考はどんどん悪い方に向かっていく。当然集中力も保てないし、良い結果も望めない。

もし疲れなのであれば解消はしやすいが、果たしてどれくらいの休息が必要なのか?

1日を自由に(完全に24時間ではないが)使ったとしてもあまり効果は無かった。

なんとなくだけど、日にちを確保すればよいという問題ではない気もしている。

 

もう一つ、クリエイティブに力を注ぐのが解消する方法なのか?という問いがある。

何かというと、現状にワクワクしない→自分のやっていることにワクワクしない→ワクワクする状況を作り出すということを実践できればよいのではと。

自分で何かを始め、小さくていいので始めたことの結果を得る。

このサイクルを作り出していけば、ハリが出るのではないかという仮説。

遠回り感は否めないが、こうやって思いついたことをちゃんと実践してみないとそれこそ何もフィードバックが無い。これが一番避けないといけないことかなーと思う。

2022/10/05

毎日があまり余裕なく過ぎていく。

忙しくしてるのかというとそこまでではない。

単に使える時間と気力/体力が足りず、よくわからないがヘトヘトになっているという感じ。

寝かしつけ→寝落ちも増えたが、そこから2時半ぐらいに起きることも増えトータルで体に悪いことをしている気がしている。

 

ごく当たり前の話しだが、毎日やるべきこと(タスク)が存在し、それをやりきれないとリカバリーをしないといけない。

ここでタスクに集中し過ぎると、とにかくタスクを倒していくマンになり燃え尽きる。

あるいは何をやっているのかわからなくなる。

いまは少しこれにハマりかけていて、どうもワクワクしないなと。

環境に慣れてないことが原因の一つかもしれないが、あまりよい傾向ではないので対策考えないといけない。

2022/10/03

週明けからなかなかに疲れた。

自分ができることはあまり無いにも関わらず、物事が前に進まないのはそれなりにストレスを感じる。

原因となっていることに対してのストレスや苛立ちは特に無く、むしろ解決に向けて自分も頑張りたいのに圧倒的に知見がないことで何の役にも立てないことがよっぽど堪える。

今日の疲労はそういう類の疲労だった。

2022/09/25

3連休が終わった。体感は意外と長かったようにも思えた。

台風が近づいていて、すっきりしない天候の日もあったが過ぎ去った後は既に秋になっていた。

天気が良いと昼間の気温が高くなり、まるで真夏だが、朝や夕方以降は涼しくなり季節が巡ったことを教えられた。

 

子にいろいろなことを体験させることができているのか?ということをふと思う。

上野の国際こども図書館に成り行きで行ったとき、好きなジャンルの本をパラパラめくりすぐに次へと進む姿を見て、iPadで動画を見ているそれと重なるように思え、少し反省をした。

ひとつのことへ集中を向けること、特にそれが本のような静的コンテンツのときにうまくできないのはやはり良くないのだろう。

もう少し大きくなればそういった分別がつくのかもしれないが、現時点で少しずつ訓練しないとできるようにはならないとも思う。現代的な悩み。

 

いろいろな体験、と一口に言っても広すぎる。

体を動かす、多様な人に出会う、知らない場所に行く、などがパッと思いつくところ。

いまだと体を動かすことが優先度高いのかな。

天候にも左右されるが、もっと外に行かないといけないな。

 

明日から仕事。あまりテンションは上がらないが1週間走り抜ける。

2022/09/22

プログラミングが下手すぎてプログラマーを名乗ることをやめた方がいいなと落ち込んだ日だった。

言語仕様もフレームワークも大雑把に理解している程度だと課題解決に繋がらなくて、コピペエンジニア以上になれない。

 

わからないこと、できないことをすぐに相談することがまだまだ下手だと思った。

遠慮とか心理的安全性とかそういう話ではなく、自分である程度やらないといけないという気持ちがあり。

そしてこの気持ちの裏には、無能だと思われたくない傲慢さが隠れているのだと思う。

自分が有能だとは思っていないが、無能だと思われることに強く羞恥を感じ、無能の烙印を押されたくない。

ある種の病気だと思っていて、30年弱生きてきてこんなどうでもいいはずのプライドを捨てられないのが本当にきつい。

 

人に何か気づきを与える問いを投げることは非常に難しいと思った。

この難しさの前提は、人が自身の中に答えを持っていて、かつその答えへの確信が強いときに難易度が一気に上がる。

こちらとしては相談の時間だと受け取っていて、しかも意見を求めてくるので返すのだが、暖簾に腕押しである。

こういったコミュニケーションは極力したくなくて、でも重要度の高い話ほどこうなりがちで結構ストレスを感じる。

もっとフラットに考えてくれと伝えるのも角が立つし、ほぼ諦めている。

意見を持つことは大事だが、固執することは全く重要でない。

きっとこういった姿勢が原因でこれからも損をすることがあると思うとやるせない。

2022/09/21

寝落ちし過ぎている。これは寝落ちから目覚めて書いている。

寝落ちの何が悪いかというと、自分の時間が完全に無くなることだ。

この寝落ちは子供の寝かしつけにつられて起きている。つまり、本来なら寝かしつけ後の1,2時間は自分の時間として確保できる。

それが睡眠にまるまる置き換えられてしまう。目覚めたとしてもそれは絶望の起床だ。

 

寝落ちにも2パターンある。

ひとつは寝落ちしてもいいやという積極的寝落ち。もうひとつは寝落ちするとは思わなかったという消極的寝落ち。

前者はともかく後者は相応に体が疲れているが、本人はあまり自覚していないときに起きると思っている。

なので寝てしまうことは体にとってはgood jobで、結果的に精神的にもbenefitがあるはず。

理屈はこうだが精神的なところはそうはいかないのが人間の難しいところで、つまり本来ならダラダラできたり好きなことに時間を費やせたりということで精神安定を保っていたのに、それ無くなっちゃったやんという。

しかも体は寝落ちして確保した睡眠時間でようやくトントンにしているようで、最高に元気だぜというわけではないのも世知辛い。

 

つまるところ一日を乗り切る体力が無いということなので、日々の暮らしに耐える体力づくりという何とも言えない取り組みを真剣に考えないといけないのかもしれない…

2022/09/20

雨。台風が通過している。

九州のほうは被害も出ているらしい。九州で暮らしてみたいと漠然と考えているが、こういった自然災害の影響をモロに受けるとなると少し悩む。

 

シルバーウィーク真っ最中。いつからシルバーウィークってできたんだろ。

時期的に台風さえ回避できれば、ゴールデンウィークより過ごしやすそうではある。

 

雨が降っていると、窓を開けての換気がしづらくて困る。

いまの家は、風が通りにくくそのせいか熱気が逃げず、加えて断熱も大したことがないので外気に大きく左右される。

なので窓を開けないと感覚的にだいぶ空気がどんよりするが、雨が吹き込んでくることを考えると換気ができず家にいてもうっすらと不快感を覚える。

こういった暮らすうえで回避したいものの、事前にわかりづらい家の状態はどうしたら入居前にある程度の精度で判断できるのだろうか。

 

子が体調を崩しているので自宅保育。

といっても熱のピークは過ぎ、今日はかなり元気。

こういうときの仕事をどうしたらいいかは未だにわからない。

今回は割り切って休みにしたが、全く何もできないわけではないのでなんとなく罪悪感がある。

また、仕事は「休み」だが心身共に休みではないので精神的にハードになりがち。

ともあれ子が元気になったのはいいことだが。